FC2ブログ

ローストビーフの作り方


          牛肩ロースのブロックは探しても見つからず、
          ハナマサで、肉切ってるおじちゃんに聞いても
          在庫がないとのこと・・・

          妥協して、牛モモブロックで代用することにした。
          
          完成
                        こちら完成図

          まず、肉に塩・コショウを十分すり込んで、ソフトSMごっこをします。
          あまりきつく縛ると、焼けたときに糸が肉に食い込んでしまうので
          少しゆるめに、でもしっかりと

          タコ糸
          ソフトSM
                     タコ糸で形を整える

          縛った肉を、油をひいたフライパンで色づくまで焼きます。
          どうせオーブンにいれちゃうので、そんなによく焼かなくてもOK。
          ここまでは、牛のタタキみたいな感じ。

          ざく切りにした香味野菜をオーブン皿に敷き詰めて、
          焼いた肉をドカンと真ん中に置きます。

          オーブンへ

          オーブンはあらかじめ180度に予熱しておいて、
          そこに角皿を入れて、180度で40分焼きます。

          見た目にはあまり変化が無いので、焼きあがったら
          竹串を刺してみましょう。
          参考にしたレシピには、写真とか経過説明が一切なく、
          「竹串を刺して、あまり抵抗がなかったらOK」なんて
          ひじょーに曖昧な感じで書かれていてイマイチjumee な私。
          何度も何度もブスブスと刺してみるも、わからず。
          刺した穴からは、赤味がかった肉汁が湧き出してきた

          ちょっと心配になって、もう5分焼いてみるかー。と。
          後で切ってみて思ったんだけど、この5分は余計だったかも。
          オーブンから出したら、アルミホイルに包んで
          今度はしばらく、ワタクシお得意の放置プレイ。

          オーブンの野菜はぐにゃぐにゃになってますので廃棄。
          オーブンに残った脂を、水ですすぐようにして鍋へ移して
          ローリエ(月桂樹)、フォンドボー、白ワイン、塩、コショウを入れて
          しばらく煮詰めてグレイビーソース作り。

          ポテトサラダを添えて、ソースをかけて完成。 
          ローストビーフ

          セロリの香りがしっかり肉に移っていて、おいしくできたと思います。
          
          本日のワインは、ブルゴーニュ産のシャンソン モルゴン。
          vino rosso


          ”美しいルビー色と、煮詰めた赤い果実の香り。
          ゆったりとして凝縮感があります。果実の感じられる
          素晴らしいアロマのコンビネゾン”
 と解説が・・・。

          よー分からんけど、確かに色が深くてキレーで、うまかったぞ!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三河のmarinちゃん

Author:三河のmarinちゃん
愛知県岡崎市出身。

嵐大好き、1児の母です。

23年4月、認可保育園に
入れず無認可保育園を使い
なんとか仕事してます。

最近の記事
最近のコメント
♪Link♪
翔大 大きくなったかな?
カテゴリー
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Wedding Anniversary

カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ