FC2ブログ

母のその後

    母の事故のことではご心配おかけしました
    怪我は打撲程度で、アザが残ってるくらいです。
    自転車の修理費の見積もりの方が大変なことになってますよ。


    なんと、14万円という連絡が・・・。あわあわ・・・
    ま、相手方の保険会社さんが頻繁に電話くれて
    全額払う(当たり前かな?)というので、そっちは心配ないでしょ


    それより!
    私は母の態度が心配で・・・。


    事故現場から救急車で運ばれたので、警察による事情聴取が
    残っていた母。
    GW明けに、岡崎警察署へ来てくださいと言われて
    「なんで被害者なのに行かなきゃいけないのさ。」
    と、ちょっとご機嫌ナナメに出てった母。


    担当の巡査とちょっといざこざを起こして
    さらにふくれっ面で帰ってきました・・・


    も~、アラ還なんだから、子どもっぽいことしないで欲しい・・・。
    しかも警察署でさ~。


    事情聴取中、
    「あなたは自分のどこに非があったと思いますか」  
    の一言で火がついたらしいです。
    「は?どこも悪くないと思いますけど」
    と答えて、雲行きは怪しく・・・


    「では、あなたはこれから何に気をつけなければならないと思いますか?」
    の言葉でもうぶち切れだったそうで・・・。


    「あの交差点に、大きな標識をつけるべきじゃないですか?」


    ・・・・っ!
    帰宅した母の話を聞きながら、愕然


    「それでさー、その警察官が不満そうな顔するから、
    言ってやったのよ、私。」
    と、母。


    やめてー、お母ちゃん、もう聞きたくない~。状態の私と妹。
    でも・・・なんて言ったのよ・・・。


    「あの交差点の横断歩道を消せば、
    自転車の人も注意して渡るんじゃないかしら!?
    そうよ、横断歩道消せばいいんですよ」


    一緒に付き添わなくてよかったー


    この話、長い?
    でも、もう一つオチがあって・・・


    母にあきれた警察官は、もはや誘導尋問状態で対応。
    母が一切反省の言葉を述べないので、自分で記述を始めました。
    『横断歩道がある場所でも、危険よそくを怠らないようにします』
    と。で、無理矢理ハンコをつかされることに・・・。


    でも、危険よそくという漢字が間違ってて、母が即座に指摘
    最初、と書いたようで・・・。
    で、直したら今度は・・・。
    挙げ句の果てに、則という字の下に心 という字を書いて
    新しい漢字を作ったそうです。


    母も意地悪で、最後まで正解を教えなくて、警察官は辞書を持ってきて
    ようやくフィニッシュ・・・。


    母にしてみたら、してやったりという気だったらしいけど、
    うーん。どっちもどっち。低レベルの争いのよーな


    とにかく、転んでもタダじゃ起きない母なのでした・・・。 

 
スポンサーサイト



プロフィール

三河のmarinちゃん

Author:三河のmarinちゃん
愛知県岡崎市出身。

嵐大好き、1児の母です。

23年4月、認可保育園に
入れず無認可保育園を使い
なんとか仕事してます。

最近の記事
最近のコメント
♪Link♪
翔大 大きくなったかな?
カテゴリー
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Wedding Anniversary

カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ